輸送の安全について


輸送の安全に関する基本方針(貨物・旅客)


  1. 社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
  2. 輸送における人命の大切さを認識し、事故・災害を未然に防止します。
  3. 輸送の安全確保に関する内外の声に真摯に耳を傾けます。
  4. 全社員一丸となって輸送の安全意識を向上させます。
  5. 運輸関連法令の遵守を確実にします。


輸送の安全に関する重点対策


  1. 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し関係法令及び安全を管理する規定に定められた事項を遵守すること。
  2. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
  3. 輸送の安全に関する教育計画を策定し、これらを的確に実施すること。


輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況


無事故、無違反安全輸送の完遂 

 重大事故・人身事故・物損事故・社内事故・交通違反0件の継続

クレーム、トラブル等の撲滅

道路交通法の遵守

 乗降中の事故防止の徹底


令和元年度実績
重大事故0件
人身事故0件
物損事故0件
車内事故0件
交通違反0件

令和2年度目標
重大事故0件
人身事故0件
物損事故0件
車内事故0件
交通違反0件



事故に関する統計


重大事故

交通事故


目標
実績
平成30年度
0件0件
令和元年度0件0件

目標
実績
平成30年度
0件0件
令和元年度0件0件

※交通事故は重大事故を除く有責・無責すべての事故


安全管理規程


pdf 安全管理規程.pdf (0.2MB)


輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置


経営トップ及び安全統括管理者による安全総点検を行い安全意識の社内周知に努めます

事故情報、ヒヤリ・ハット情報を収集し効果的な活用ができるように努めます


輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制


pdf 安全管理体制表.pdf (0.02MB)


輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況


全運転者対象の年間教育計画に則った月1回の乗務員教育

外部講師による安全運転者教育の全運転者の受講

■ 運転者適性診断及び初任者適性診断結果に伴う個別指導

■ 安全統括管理者による運行管理者・整備管理者に対する教育の実施


輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置


■ 

輸送の安全に関する内部監査を年1回実施する

 安全管理規程第15条に基づき令和2年3月27日内部監査を実施した結果、おおむね良好であることを確認しました。


安全統括管理者に係る情報


車輌統括課長 辺見 秀和


事業用自動車の運転者、運行管理者、整備管理者に係る情報


■ 

事業用自動車の運転者 10
運行管理者       3名
■ 整備管理者       1名


事業用自動車に係る情報


■ 

車両数(小型)     6台
平均車齢      12年
■ ドラレコ搭載車両数   6台(100%)
■ デジタコ搭載車両数    0台( 0%)
■ ASV搭載車両数    0台( 0%)
■ 主な運航の様態   冠婚葬祭輸送・幼稚園バス輸送